Liubov Charkashyna - with her "Love"

Liubov Charkashyna who is a former rhythmic gymnast from Belarus, a bronze medalist of the Olympic Games London 2012. She deserves not only numbers of podiums and medals of international competitions also, her sublime character. She is always smiling at everybody and it helps the atmosphere relaxed. Being always friendly, she never leaves her friends and fans. Meanwhile before that, she is a genuine athlete. Her serious warm-up before the competitions brings herself into own world, and she performs her routines with full of energy all the time.

Her first name "Liubov" literally means "Love" in Russian and this "Love(любовь)" represents who she is. A quote of hers sounds symbolic, "this bronze medal is not mine but for my country, coach, rhythmic gymnastics in Belarus and again, all over the country." And allegedly the medal is currently stored at a museum in Belarus for gymnasts in the future.

 

  Special thanks  Ginnastica Ritmica Nervianese

 

リュボフ・チャルカシナ - 彼女の魅力

リュボフ・チャルカシナはベラルーシの元新体操選手で、2012年ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した。彼女が何度となく表彰台に上り国際大会でメダルを獲得した実力者であることは去ることながら、彼女の人間性もまた素晴らしい。彼女はいつも周囲の雰囲気を変える程に笑顔で溢れており、非常に寛大な性格で友人やファンを決して置き去りにしない。一方それ以前に彼女は正真正銘のアスリートであって、試合前のウォームアップでは自分の世界に入り込み、肝心の試合では手を抜かず全力で臨む。

彼女の名前である"リュボフ"はロシア語で"愛"という意味で、この名が彼女がどういう人物かを代弁している。あるインタビューで象徴的な発言をしている。"この銅メダルは私のものではなく、私の国、コーチ、ベラルーシの新体操、そして何と言ってもベラルーシの皆さんのものです。"メダルは現在ベラルーシの博物館で未来の新体操選手に向けて保管・展示されているという。